Amazon.co.jpでの購入はこちら

SEARCH

SEARCH

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、
Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標または登録商標です。
Amazon.co.jpアソシエイト

PLUS-LABO 一覧へ戻る

意外に間違ってる!?自分の髪型に合うスタイリング剤の選び方

朝の身支度で毎日必ず手にしているものといえば、髪型をセットするのに使うスタイリング剤。でも、そんな日常生活におけるマストアイテムを「何となく」で選んでない?いまいちキマらないな~って言う時は、スタイリング剤が髪型に合っていないことが原因かも。そこで今さら聞けないスタイリング剤の種類、そして髪型の相性を改めてまとめてみた。ここでしっかりと勉強して、自分にとってベストなスタイリング剤を見つけ出そう!

みんな、ちゃんとスタイリング剤を選んでる?

例えば思い切ってイメチェンしても、家にあるスタイリング剤をそのまま使ってたりしない? スタイリング剤には動きやボリュームを出したり、質感をコントロールするなどの役割がある。目指す髪型が必要とする役割をしっかりと見極めてスタイリング剤を選ぶことが、理想の髪型への一番の近道。これから紹介するマッチングサンプルを見てベストなアイテムを見つけてみて!

CHECK !

ヘアスタイル別に最適なスタイリング剤をマッチングしてみた!

ヘアスタイル別にもっとも適したスタイリング剤をピックアップ。やはり、目指すヘアによって使うべきスタイリング剤は異なる結果に。早速チェックしてみよう。

躍動感のある束感ヘア

躍動感のある束感ヘア

ランダムに行き交う毛束が束感ヘアの生命線。たっぷりと動きを加えることで得られる躍動感が、スタイルにデザイン性のアップや軽快な印象をもたらす。メンズにおいて、もっともスタンダードな髪型と言える。

最適なのは…

ムービングラバー(ワックス)

定番の束感ヘアに必要な躍動感や立体感は、ムービングラバーにおまかせ。アレンジ記憶成分「ムービングラバー」を配合し*1、弾力のある仕上がりを実現し、スタイルが崩れてもすぐに手直しすることが可能。使いやすく何度でも動きを作れるスグレモノだ。
*1 パンテノール、ポリクオタニウム-11

バーバースタイル

バーバースタイル

海外を中心としたバーバーブームを背景に人気を加速させているクラシカルなスタイル。「ネオ七三ヘア」や「オールバック」などに代表される無骨な男らしさがにじみ出るスタイルだ。タイトでソリッドな質感が特徴で、ウェットなツヤ感も重要な要素となる。

最適なのは…

グリース、ジェル

ハードさやタイトな質感がマストとなるバーバースタイル。適しているのはグリースとジェルの二つだ。グリースはなじみがよく強力なクセづけ力で、ハードなオールバックだって実現可能。ジェルはセットポリマー配合で髪をカチッと強力にホールドしてくれる。

ゆるふわマッシュヘア

ゆるふわマッシュヘア

トレンドのゆるふわマッシュは、しなやかな毛流れと軽快なニュアンスが特徴。大人っぽい雰囲気を意識して重めの質感に仕上げても、その2つの特徴によって抜け感を演出し、ナチュラルでほどよく、キメすぎないエフォートレスな風合いを実現。

最適なのは…

ヘアジャム

液状なので伸びがよく、テクニック不要で思い通りのヘアに。オイルフリー、従来のパウダー成分に加え、独自の整髪成分「エアパウダー*2」を配合し、ベタつかず、固めずに自然な仕上がりに。またパウダーがアブラや汗、湿気を吸着し、決めた髪型を長時間キープ。
*2 シリカ

素髪風ヘア

何も手を施していない、まるで素髪のような風合いが持ち味のスタイル。とはいえ、まとまりのある全体のシルエットや自然な毛流れのためのスタイリングはマスト。ナチュラルかつ甘めな空気感が好感度抜群だ。

最適なのは…

ソフトタイプのフォーム

泡状のスタイリング剤。細かな泡が髪に素早く均一にコーディングされることで、自然で軽い手触りのヘアを実現。髪を保護するトリートメント成分(ビタミン系保湿剤)を配合しており、髪に自然なツヤを与え、またドライヤーの熱からも守ってくれる。素髪風に仕上げるなら、ソフトタイプがオススメ。

他にも

スプレー

決めたヘアスタイルをさらに長持ちさせたい時に最適。また前髪の立ち上がりを固めるような部分使いから髪全体の仕上がりのホールドに至るまで一本あると非常に便利だ。

自分の髪型に合うスタイリング剤を選んで失敗知らず!

スタイリング剤によってヘア作りにもたらす役割が違うこと、さらに目指すヘアスタイルによって、それぞれベストなスタイリング剤があり、間違って選んでしまうと上手にセットできない原因になることがわかってもらえたはず。このことをしっかりと理解して、これからは正しいヘアスタイリング剤をセレクトしよう。そしてさらにカッコいいヘアスタイルを目指そう!

⬅︎ Scroll ➡︎
 

仕上がり

機能性

 

毛流れの作りやすさ

毛束の作りやすさ

ツヤ感

仕上がりの自然さ

スタイル持続力

再整髪性

整髪時ベタつきの無さ

伸びなじみ

洗い落ち

ヘアジャム    
ムービングラバー        
グリース      
フォーム      
ジェル        
スプレー        

自分の髪型に合うスタイリング剤を選んで失敗知らず!

スタイリング剤によってヘア作りにもたらす役割が違うこと、さらに目指すヘアスタイルによって、それぞれベストなスタイリング剤があり、間違って選んでしまうと上手にセットできない原因になることがわかってもらえたはず。このことをしっかりと理解して、これからは正しいヘアスタイリング剤をセレクトしよう。そしてさらにカッコいいヘアスタイルを目指そう!