Amazon.co.jpでの購入はこちら

SEARCH

SEARCH

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、
Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標または登録商標です。
Amazon.co.jpアソシエイト

PLUS-LABO 一覧へ戻る

もしかしてオレも?
大学生活でありがちな「やらかし」ポイント


「無臭の人なんてこの世にはいない!」9割の男性がニオうという事実。

ワキ臭強度の分析(※)

池照パイセンがズバリ言い切ったように、ニオわない人はいない! マンダムの調査によると「日本人男性の9割は他人にわかる程度の体臭を持っている」のだ。

この調査では「ワキのニオイの強さ」を6段階で評価。すると、10~60歳代の男性118人のうち、何と9割が「中程度のワキ臭」以上(ニオイ強度3以上)の持ち主。ニオイ強度3以上とは、エレベーターや満員電車など、日常によくあるシーンでも、他人に感じ取られる程度のニオイということだ!

しかも驚きなのは、残りの1割も「弱いワキ臭」に当てはまること。「何らかのニオイが感じられる」人を含め、男性の全員が何かしらニオっているのだ!

「ずっとかいでると自分のニオイが分からなくなる…」これが“馴化”だ!

強いワキ臭を持つ被験者のワキ臭への意識(※)

だけど、自分のニオイはなぜ自分では気づかないのか? これは、同じニオイを長く嗅いでいると感じ方が弱くなり、いつしかニオイそのものに馴れてわからなくなる「馴化(じゅんか)」の作用によるもの。

自分の家はニオわないのに、他人の家に行くとニオイが気になっちゃうのは、この働きがあるからだ。マンダムの調査によると、ワキ臭の強い人でも「自分のワキ臭にまったく気づいていない」人が13%いることも判明している!

  • 調査対象者:デオドラント剤の使用経験者18歳〜68歳の健康な日本人男性118名
  • 調査期間:2006年8月18日〜2006年8月25日
  • 調査条件:無香料石鹸で腋窩を洗浄後、無臭のシャツを着用し、
    24時間経過後の両ワキのニオイを、2~3cmの距離から直接官能評価した。